当ブログのおすすめコンテンツ

バーサス 推定高設定を終日回してみた感想&実戦データ(小役確率・RT中ハズレ・ビッグ中V揃い)

バーサス(VERSUS) スロット新台
©アクロス

新台に高設定を入れてくれる店で
バーサスを終日回してきたので、
感想と実戦データを書いていきます。

小役確率RT中ハズレビッグ中V揃いは…?

それではご覧ください。

バーサス推定高設定実戦データ

総ゲーム数 8945G
ビッグ 1/271.1(33回)
REG 1/372.7(24回)
ボーナス合算 1/156.9(57回)
ベル 1/13.15(680回)
平行スイカ 1/61.3(146回)
斜めスイカ 1/223.6(40回)
チェリー 1/35.2(254回)
VCゲーム数 473G
リプレイ 1/3.11(152回)
ハズレ 1/6.06(78回)
VGゲーム数 501G
リプレイ 1/1.30(386回)
ハズレ 1/9.28(54回)
BIG中ゲーム数 792G
Vランプ点灯のみ 57回(1/13.89)
3連V停止(非V揃い) 16回(1/49.5)
上段V揃い 1回(1/792)
中段V揃い 2回(1/396)
下段V揃い 出現せず
斜めV揃い 出現せず

差枚数は+2200枚ぐらい。

店の示唆が一番の理由ですが、
ベル・RT中ハズレもそこそこ優秀なので
高設定の可能性が高いと思います。

ビッグ中の斜めV揃い(ハズレ)
ビッグ33回中0回でした…。
代わりに中段揃いは2回。

V揃い関連はネット上の報告を見た感じでは、
斜め揃い含め、ハナビのビッグ中ハズレクラスの
強い高設定示唆ではないような気はします。

感想や効率の良い打ち方

基本的なゲーム性はハナビと同じですが、
予告音や消灯有無で成立役を絞れて、
通常時サクサク回せるバーサスの方が個人的には好み。

色んなとこで言われていますが、
出目がハナビとほぼ同じでも
予告音の有無でこんなに変わるんですね。

今回は
予告音なし…赤7枠上~上段狙い
予告音あり…定番のBAR上段狙い

をメインにしていました。

色々法則があるのですが、
真っ先に覚えておきたいのが
予告音なしの時点でチェリー否定
であること。

チェリーをフォローする必要がないので
色々な個所を狙って楽しめます。

左リール赤7が中段まで滑れば
ベルorスイカorボーナス。

ここならハサミ打ちしても
スイカ・ベルがダブルテンパイしないので、
時間効率がかなり上がります。

赤7中段から小役非テンパイでボーナス確定。

スイカハズレ・ベルハズレも出ますし、
ゲチェナ停止で赤7ずれるのとかもオシャレですよね。
(実戦上3/3で赤7ビッグでした)

左赤7上段停止からも入りますが、
ここからのリーチ目が把握できていなくて
フラッシュで察知する場面も多々あり…。

ちなみに赤7が下段まで滑った場合は
今のところすべてスイカ揃い。
スイカ確定ではないと思いたいですが、
ボーナス期待度は低そうですね。

よっぽどよそ見でもしない限り
スイカを取りこぼすことはないですし、
たまにボーナス生入りもします。

効率面ではかなり優秀なので、
予告音なし時の赤7狙いおすすめです。

バーサスの設定狙いに関する情報は
以下の記事に随時更新形式でまとめています。

バーサス スロット 設定判別ツール&設定差解析まとめ

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

1件のトラックバック

コメントを残す