当ブログのおすすめコンテンツ

【全国9,718店舗を完全網羅】明日あなたの地域で最もアツいホールはどこ!?

一時期は広告規制により下火になっていた「設定狙い」ですが、全国的な非等価交換移行などにより高設定を使うホールも随分増えてきました。

  • バジリスク絆・番長3など119%機種が全台設定6
  • 全台高設定機種が複数
  • スロット全体で数十万枚のプラス差玉
  • スロット1台あたり平均+500枚~1000枚以上

などド派手に還元してくるホールも少なからずあります。

別積み

「設定6は都市伝説」なんてのは過去の話。今では「広く探せば設定6はあるに決まっている」と思う方がほとんどではないでしょうか。

実際に大きく稼ぐプロの多くは設定狙い中心で立ち回っていますし、優良店やイベント内容さえ把握できれば初心者でも設定狙いを楽しめる環境は間違いなく整ってきています。

しかしここで問題が一つ……

ホール数・イベント数があまりに多すぎる!

例えば関東だけでも1日あたり平均100件前後の取材イベント・平均200件前後の旧イベント日があります。

たった1日で、ですよ?特定日になりやすい7の付く日やゾロ目ならもっと増えます。

この膨大なイベント情報をすべてを自力で把握しきるのはほぼ不可能。

都会であれば片道20分圏内でさえ難しく、特にサラリーマン・学生など兼業の方にとっては「優良店選び」「イベント把握」が設定狙いで初めにぶつかる壁になっています。

逆にこの2つさえ抑えておけば、毎回高設定に座れるとまではいかなくても、高設定に期待しながらスロットを楽しめる環境は手に入ります。

問題は調べ方ですが、全国のイベント情報がほぼ完全網羅され、あなたの地域で高設定に期待できる店を毎日ランキング形式で見れる便利なサイトを今回ご紹介しますね。

⇒明日あなたの地域で最もアツいホールはどこ!?【ホールナビ】

異常なほどの並び・競争率

少し前までは朝から2~300人も並べば「今日はかなり人が多いな~」という印象でした。

それが今や、有名店で有名取材イベントが絡めば500人以上の並びは珍しくなく、中には特定日(●の付く日)には毎回1000人以上並ぶ店もあります。

僕も以前某有名ライター来店イベントに興味本位でふらっと行ったら、予想をはるかに上回る1000人以上の並び……そのときは着いた瞬間に後悔しましたね(笑)

並び順の店なら徹夜並びは当たり前。抽選の店でも朝7時に並ばなければ、抽選参加券すら貰えないという場合も……。

11月11日の年一イベントで6000人並んだ千葉県の店もネット上で話題になりましたね。

並び6000人

この店のスロット台数は約500台。パチンコを含めても1000台ちょっとなので、台にすら触れられずに時間だけ浪費して帰った方がほとんどです。

しかもこの日は抽選もグダグダで、入場開始されたのが本来の開店時間から4時間経った後だったとか。

今は出す店・話題性のある店はTwitterや2chまとめサイトなどでどんどん拡散されて、ときには何千人単位で人が集まってしまう時代です。

優良店に人がたくさん集まるのは当然の市場原理ですし、それ自体は素晴らしいことですが、朝から数千人並ぶとかさすがに異常だと思いますね^^;

なぜこんな過当競争な状況になってしまっているのか……。

多くの打ち手がほんの一握りの”超”優良店・”超”有名イベントしか知らないからではないでしょうか。

競争率の高いA店 VS 競争率の低いB店

  A店     B店  
スロット台数 300台 300台
並び人数 1000人
(打ち切り)
150人
並び時間 7:00~10:00 9:30~10:00
高設定期待度
(台に座れた場合)
30% 20%

A店は300/1000の抽選を突破しないと台にすら座れず、しかも並びが1000人に到達した時点で抽選を受けられなくなるので早起き必須……という非常に競争率の高い店。

B店は朝から確実に台に座れて機種も選べるし、高設定にも十分期待できる。ただし高設定期待度はA店より若干劣ります。

あなたならA店・B店どちらのお店を選びますか?

人によって好みは分かれると思いますが、僕なら間違いなくB店を選びます。自分だけが知る情報で設定6にピンポイントで座れるなど、よっぽどのことがない限り、朝から抽選勝負のA店に行くことはないですね。

もちろんあくまで自分ならこうするというだけで、A店に行くという選択を100%否定しているわけではありません。

友達と一緒に朝から並んで抽選結果に一喜一憂したい、人が多い店で祭り気分を味わいたい、少しでも高設定期待度の高い店で打ちたいなど、人それぞれ需要や好みがあります。

でも本当はB店のようにそこまで競争率が高くないけど、しっかり高設定が使われる店に行きたいけど、そういった店をただ知らないからという理由で、仕方なくA店のように競争率が超高い店に行っているのであれば、それは少しもったいないなと思うんです。

上記のA店・B店はあくまで一例ですが、僕が住んでいる都内では実際に同じようなケースがよく起こっています。

“超”有名店・”超”有名イベント以外の情報がもっと打ち手に浸透すれば、還元する意志のある優良店が報われ、さらに高設定が使われる好循環が生まれるはずです。

結果的に僕ら打ち手にとっても、より設定狙いを楽しめる環境になるし、みんなにメリットが生まれます。

ホールナビを使うだけでも、ライバルが比較的少なめで高設定に期待できる店・イベントはたくさん出てきます。

都道府県ごとにアツい店をランキング化

ホールナビでは全国9,718店舗を対象で都道府県・日付ごと直近一週間分まで確認できるランキングが毎日更新されます。

ホールナビ ランキング

  • 特定日・旧イベント日
  • ホール毎の信頼度・評判
  • 取材系イベントの強さ
  • グランドオープン・リニューアルオープンからの経過日
  • 独自集計された出玉データ

これら店のアツさに影響する各要素一つ一つを点数化し、総点数によってランキング化されています。

ホールナビ 店舗ごとの点数

その日に開催される取材も以下のように一覧でまとまっており、非常に見やすいですね。

ホールナビ 店舗ごとの取材・イベント一覧

これが全国ほぼすべてホール・取材イベントに対応しています。

この圧倒的な網羅率・情報量の多さがホールナビ最大の特徴でありメリットですね。

  • 出玉を求めてランキング1位のホールへ
  • 近場でランキング入りしているホールへ
  • 競争率が比較的低そうな穴場狙い

など好みに合わせてランキングの中から行きたいホールを選ぶことが可能。

これを見て店選びをすれば、少なくとも高設定にほとんど期待できないような状況で打つことはなくなります。

ホールナビで自分の地域のランキングを確認してみる
※右上の「Menu」→「エリア選択」で地域を選べます

高設定に座るためにはイベント把握が必須!

行く店が決まったら次は「イベント把握」

イベント把握をせずに設定狙いするのは、例えば天井ゲーム数を知らないのに天井狙いをするのに近いレベルで無謀なことです。

高設定に座れる可能性を上げるためには、どのようなイベントなのか?中身もしっかり把握して、イベントに合った立ち回りをする必要があります。

ごく一部の”超”優良店を除けば、闇雲に台を選んで高設定に座れるほど甘くはないのです。そして”超”優良店は前に書いた通り競争率が高すぎて台に座ることすら困難な場合が多く、個人的にはあまりオススメしません。

例えば高設定の入り方に特徴があるタイプのイベントがあります。

  • 特定機種がアツい
  • 全台高設定機種あり
  • 特定末尾が全台高設定
  • ●台並びで高設定が数箇所
  • etc……

特にこれらはイベント内容を把握しているかどうかで。高設定に座れる確率がまったく変わってきます。

特定機種がアツいイベントで対象機種以外に座っても通常営業と変わらないか、むしろそれ以下の場合もあります。

全台系・末尾系は時間が経つにつれて対象が絞れてくるので、周りの状況も確認しておけば逆に低設定を無駄打ちしてしまう割合も減ります。

高設定に座る=勝つためだけでなく負けを減らすためにもイベント把握は欠かせません。

ホールナビではイベント把握に使える情報もたくさんあります。

店舗ページから1週間分のイベントスケジュールと評価(点数)を確認することができます。

ホールナビ イベントスケジュール

取材イベントを開催する媒体では書かれていないような情報は「ホールナビスタッフ補足」に書かれています。

おそらく大人の事情?などもあり、すべての取材について書かれているわけではないのですが、これがイベント把握する上で非常に役立つ内容になってるんですよね^^

何個かピックアップして紹介すると……

特定機種が対象のイベント

ホールナビ 有頂天

これはよくある特定機種がアツいタイプのイベントですね。番長3以外にサラ番・番長2も対象になるようです。

過去レポートで結果が見れるイベント

ホールナビ 真双龍

過去のレポートがネット上にアップされるイベント。有名なスロパチステーションやオフミーもと同じタイプですね。

同店舗で開催された過去レポートがあればチェック必須。

真双龍はまだそこまでメジャーではないので、過去レポートで癖を掴んでおけば優位に立ち回れそうです。

新規取材にも対応

ホールナビ THE LEGENDS

ホールナビでは次々と追加される新規取材にも対応しているので、情報の取りこぼしが発生しません。

新規取材は内容が不透明で様子見しがちですが、その分情報を先取りできたときにライバル不在で高設定に座れる可能性があるのがメリット

ただし「ホールナビスタッフ補足」の部分は取材媒体が発信した情報ではなく絶対に正しいとは言い切れないので、鵜呑みにだけはしないよう注意です。

特にまだ情報が少ない新規取材に関しては参考程度にして、最終的に自分の目でデータやホール状況を確認した方が安全です。

注意喚起もしっかり記載

ホールナビ REAL取材OMEGA

イベントの過去レポートなどは確かに参考になりますが、開催側にとって都合の良いように歪められている場合も少なくありません。

しかしホールナビ自体はイベントを開催しているわけではなくあくまで中立の立場なので、ネガティブな情報もしっかり書いてくれるのは信用できるポイントの一つですね。

あなたは激アツ日を全力で探したことはありますか?

上で紹介したのはホールナビに載っている膨大なイベント情報のごくごく一部です。

関東だけで2018年1月時点で440種類もの取材イベントが存在し、1日あたり平均100件前後も開催されています。

自分一人なら各店舗で開催される取材イベントを調べあげるだけでものすごく大変ですし、イベント把握の効率化ツールとして非常に優れていますね。

他にも色々あるメリットや強みをまとめてみました。

ホールナビのメリット・強み
  • 特定日や取材イベントの日程・内容・信頼度を見える化
  • 全店舗のイベント情報を過去30日~1週間後まで見れる
  • 各イベントの裏公約や狙い目が分かる
  • 圧倒的な情報量(全国ほぼすべての店舗・イベントに対応)
  • 店舗ごとの評価・イベント情報は毎日更新される
  • 広範囲の店舗を横比較できる
  • 情報に中立性があるので信用できる
  • 設定狙いメインのプロが実際に使っている

僕はホールナビを実際に使ってみて、自分の家から30分圏内のイベント情報すら全然把握できていないことに気付きました(笑)

中には初めて見る取材名もいくつか……。

本当に自分で調べるとキリがないので、設定狙いされている方、これから設定狙いをしてみたい!という方は是非一度使ってみて欲しいです。

しかしホールナビにも欠点はあります。

まず地域差がかなりあります。

例えば京都は取材イベント自体が全面的に禁止されているため、残念ながらホールナビはほとんど役に立ちません。

あともう一つ重要なのがホールナビを使えば誰でも100%設定6に座れるというものではないということ。

店舗情報は刻一刻と移り変わるものですし、ずっと同じ立ち回り方で同じように勝ち続けることは難しいです。

ずっと信頼度の高かったイベントが突然ガセりだしたり、設定状況は同じでもライバルが増えて徐々にキツくなっていく場合もあります。

逆に今まで全然期待できなかったホールが突然やる気を出して、ライバル不在で高設定に座りたい放題ということもあります。

ホールナビは急な状況の変化やライバルの多さまで教えてくれませんし、それらは自分の目で見て判断し、対応していかなければならない部分です。

個人のパチスロ力によって立ち回りの精度を上げることが、高設定に座れる確率・収支に直結するという大前提はホールナビを使おうが変わりません。

ホールナビはあなたが高設定にたどり着くための強力な武器になりますが、一気に高設定までワープできる魔法アイテムではありません。

  • 初心者の方でも設定狙いできるスタートラインに立てる
  • 中級者以上の方がイベント把握を効率化するためのツール
    (特にサラリーマンなど時間がない方にオススメ)

この2つがホールナビの主な使い道になりますね。

激アツ日の取りこぼしは大きな機会損失

ホールナビは無料でもある程度情報が見れますが、店舗ランキングの一部は有料会員限定となっています。

価格は月額300円。

メダルで言えば15枚分、機械割113%を約3分回した場合の期待値に相当します。

小役の取りこぼしは目に見えるし誰でも気付くことができるので、次は気を付けよう!と思えます。

でも設定狙いでの激アツ日取りこぼしは小役取りこぼしと違って目に見えません。

今日行くはずだったところよりもっと高設定に座れる可能性が高い店・イベントがあるのにスルーしてしまうのは、ときに数万円の取りこぼし(機会損失)になることもあります。

でも自分から情報収集して行動しない限りは、その取りこぼしに気付くことすらありません。

高設定に座れる確率がほんの数%上がるだけで、月額300円なんて簡単に回収できます。

そもそも今まで複数の媒体をチェックし、手間暇かけて収集していたイベント情報がホールナビ一つだけで済むのであれば、それだけで元は取れますね。

無料でもある程度中身は確認できるので、まずは一度使ってみてください^^

※右上の「Menu」→「エリア選択」で地域を選べます

⇒明日あなたの地域で最もアツいホールはどこ!?【ホールナビ】

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

8件のコメント

  • 22時に祝言

    関東、関西はこう言ったガチイベントが多くて良いですね。
    愛知県東三河に至っては全台系は先ずありません。
    私も高設定(確定演出から判断)をエナ中に獲得したことは数回あるのですが平日のバラエティとかです。
    まだ旧台が残ってるので設定狙いも視野に入れつつハイエナに取り組んでます。

    しかし6000人並びや開店から4時間後入場とか時間対収支を考えたら割に合わなさそう‥

    唯一黒バラが来店してたホールも現在では演者を呼ばなくなったので難しいところですわ。

    • だくお

      >>22時に祝言さん

      ホールナビで愛知県のランキングを見てみましたが、意外と取材イベント系は少ないんですね。
      それでも平日バラエティに高設定があるのなら、メイン機種にもある程度は入れてそうですね^^

      何千人並ぶ店はガチで勝ちにいくというよりは、祭り気分で参加している方が多いと思います。あと関東は店が密集しているので、抽選悪いと他の店に流れたりもしますね。

  • おっさん

    競争率をいいだすと今の6でも112%みたいな割ならアイムの5を後ヅモのがプラスなのがやる気なくなりますね。
    番長と絆なんか大型店でもせいぜい合わせて50台ですからツモ率考えたらまあしんどいです。ピンなら半年ツモれないとかもありそう。

    • だくお

      >>おっさんさん

      まぁ明らかにピン向けではないですね^^;

  • 匿名

    何言ってんのかわからない
    文法的にも問題ありだし

    • だくお

      ご意見ありがとうございます!
      差し支えなければ、どの文章のことを指しているのか教えていただけませんでしょうか。

  • 匿名

    すいません

    【おっさん氏】へのコメントです

    • 22時に祝言

      おっさんは設置台数多い機種に高設定入ってもピンではツモれないと言ってるのでは?
      あと新基準の一部機種以外は最高設定でも割がジャグラーの5レベルなので打つ価値なしと書いてるように見えますけど。
      確かにピンでツモ率上げるならば最低でも全台系で複数人で座る、乗り打ちしかないですね。
      私は乗り打ち嫌いなので常にピンですけど。

コメントを残す