当ブログのおすすめコンテンツ

スロットで勝つために”必ず”最初にやるべきこと

スロットで勝つために"必ず"最初にやるべきこと

こんにちは。だくおです。

突然ですが、
今やスロットで勝つための方法や情報って、
ネット上に溢れてますよね。

それによって数年前に比べたら、
勝ってる人の割合はかなり増えたと思います。
(その分1人当たりの勝ち額は減ってますけど)

でも、勝ちたいと思っていても、
負けている人の方がまだまだ多いのが現実です。

それはなぜか?

今回はそんな疑問を解消していきます。

それではご覧ください。

			
スポンサードリンク

スロットで勝つために”必ず”最初にやるべきこと。
それは、

「スロットは勝てる」と信じ切ることです。

勝ち方を知るよりも前に、
“必ず”最初にやるべきだと僕は確信しています。

「なぜ勝てるのか?」という理論的な部分や、
台ごとのボーダーなどの細かい知識よりも”先に”です。

まずはスロットで継続的に勝ち続けている人が
山ほどいるという事実に着目してください。

勝つべくして勝つことが原理的に可能であることを、
まずは受け入れなくてはいけません。

飛行機が飛ぶ仕組みが分からなくても、
「飛行機は飛ぶ」と分かるのと同じで、
スロットの勝ち方を知らなくても、
「スロットは勝てる」と分かるはずです。

「スロットは勝てる」と信じていて、
なおかつ勝ちたいと思っているにも関わらず
負けている人と僕は今まで会ったことがないです。

このハードルさえ超えれば、
はっきり言ってスロットで勝つのは簡単です。

多くの人は「こうやれば勝てる」という方法論から
入ってしまうから、いざ実践しても

  • ヒキが弱いから勝てない
  • ライバルが多いから勝てない
  • 打つ台がないから勝てない

と、色々言い訳を言って
「自分は勝てないんだ」と諦めてしまいます。

運や環境のせいにしてしまうんです。

このようなケースを見てきて、

「やれば勝てると分かり切っているのに、
どうして途中で諦めてしまうんだろう…」

と疑問に思ってきたのですが、
今ではその理由がはっきりと分かります。

最初から勝つ気がなかったのです。

「勝ちにいく」のではなく、
「勝てればいいな」という考え方なんです。

両者は似ているようで、全然違います。

人は目標がないと行動に移すことができません。

だからまず最初に、
目標を意識することが大事なんです。

「勝てればいいな」という人は、
何か壁にぶち当たったときに、
「あぁ、俺には無理だった」とすぐに諦めてしまいます。

しかし「勝ちにいく」つもりの人。
勝つことを目標にしている人は違います。

何か壁にぶち当たったときに、
「どうすればこの壁を超えられるか」を考えます。

例を挙げると、

  • ヒキが弱い
    ⇒短期間で負けるのは仕方ないし今は耐えるべきだ
    ⇒本当にヒキが弱いのが原因か?立ち回りが間違っていないか?

  • ライバルが多い
    ⇒上手そうな人を観察して立ち回りを盗もう。店の傾向や癖も分かるかもしれない

  • 打つ台がない
    ⇒当日ハマりだけではなく、宵越しも探してみよう
    ⇒祝日は客付が良すぎるから、この店は使えないな。でも平日は客付が少なくて使えるかもしれない
    ⇒店移動して期待値のある台を探してみよう

こんな感じで、目標を達成するため、
「勝つ」ための方法を考えて、行動します。

実際に勝っている人がいるのに、
現状勝てていないということは、
勝つために必要な要素が何かしら欠けているわけです。

「何の要素が欠けているから自分は勝ち組ではないのか?」
という思考が勝つための第一歩です。

スロットの場合、
「スロットは勝てる」ことさえ知っていれば、
あとは恐ろしいほど簡単です。

ネット上の情報を集めるだけで、
時給2000円程度であれば、
本当に誰でも勝ててしまいます。

これが他の世界。
例えば将棋の場合はどうでしょうか?

「奨励会に入会し、そこで四段まで昇段すればプロになれる!」
というのは少し調べれば分かりますが、
実際に将棋で食っていける人はほんの一握り。

原理的にプロ棋士になれると知ったところで、
大半は鬼の様に激しい競争の中でふるい落とされます。

それに比べると、
スロットがどれほど甘い世界かよく分かると思います。

スロットで勝ちたいと思ってるけど、
現状勝てていない方は、

まずは、

  • 負けてもいいから「娯楽」として打つのか、
  • あくまで「勝つため」に打つのか

どちらかはっきりさせて、
中途半端な気持ちは一切捨ててください。

負けてもいいから娯楽としてスロットを楽しむなら、
それを否定するつもりはまったくありません。

でも、もし「勝つため」に打つと決めたなら、
「勝てればいいな」ではなく、
最初から「勝ちにいく」つもりで取り組んでみてください。

すぐにスロットは勝って当たり前だ!
ということに気付くと思いますよ。

「勝つため」に打つと決めた方は、
以下記事も続けてご覧ください。
勝ちたきゃ期待値厨になるしかない

スロットで勝つための知識を
基礎から体系的に学びたい方は、
こちらの講座もオススメです。
スロット初心者が0から月20万稼ぐための最速レベルアップ講座

スキル・考え方の記事一覧

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

30件のコメント

  • 諦めない男

    いつも有力な情報ありがとうございます(^^)
    メルマガ登録させていただきました!

    今回の記事も読ませてもらいました。
    確かにその通りだと感じました。
    僕も今回の記事で一段と気持ちが
    引き締まりました!

    これからも頑張って下さい!

    • だくお

      >>諦めない男さん

      ありがとうございます!
      この記事もメルマガも、何かしらの方向転換のきっかけになれば嬉しいです。

  • 匿名

    まったく仰る通りでぐうの音もでないほどの正論なんですが

    このような記事は害でしかないですね
    百害あって一利なし

    • だくお

      ご意見・感想ありがとうございます。

  • カート

    所得によってお金の価値は変わりますが、ちょっとした宝くじ感覚の人は多いかも知れませんね。
    演出を楽しめて少し勝てたら嬉しいなくらいの人が大半な気がします。1番いけないのは身を滅ぼすほど打つのに、勝つ努力をしないパターンかな?4号機時代はよくやってました笑。スロットやる人なら一度は味合う、負けた時の虚無感は最近全く感じなくなりましたね(^-^)/

    • だくお

      >>カートさん

      宝くじもスロットも、期待値マイナスであることを理解した上で、負けても問題ない範囲内で楽しむのはいいと思うんですけどね。
      虚無感感じてまでやるようなもんではないですね^^;

  • ウレロ

    いつも情報ありがとうございます。

    だくおさんの言う通りだと思います。
    ただ勝てるのは負ける人がいてるおかげと言うか、詳しく書くと宜しくないと思って書きませんが、ある意味感謝しなければいけないと感じてます。

    • だくお

      >>ウレロさん

      そうですね。
      スロットはハイエナも設定狙いも、結局は客同士で金を奪い合うゼロサムゲームなので、言われていることは分かります。

      ただ僕はこのブログで「スロットで勝ちたい人が勝つための方法」を発信している以上、出来るだけ多くの読者さんに勝ってもらいたいとも思っています。

  • サスケさん

    意識の問題から解決するのは大切な事だと私も思います。

    勝つ為の知識はスロットで勝ち続けて行く中で嫌でも覚えていくモノですし、知識がいくらあっても負けが込んでパチンコで一発逆転などといった考えになれば勝ち続ける事は不可能ですしね。

    引きに左右されるのは確かですし、先月は50万も勝って今月は20万も負けた、なんて事もあると思います。

    2ヶ月を平均すれば月15万の勝ちですし、たいしたものです。

    期待値を追って20万負けならしょうがないのです。

    そこを理解出来れば20万負けた翌月もちゃんと稼働出来るはずです。

    乱れ打って20万負けとは訳が違うし、精神面も多少は強くなるかと思います。

    やっている事に自信を持ち、やり続ける事が大切だと私は思っています。

    • だくお

      >>サスケさんさん

      コメントありがとうございます^^

      結局は「期待値を追って負けてもしょうがない」と思えるかどうかでしょうね。
      そこが一番難しくもあるのですが…。

      逆にそこさえ理解できれば、勝つための手法は単純かつ再現性も高いので、ほぼ勝ったようなものだと思いますね。

  • だくおさん

    はじめまして!
    「日本一暇かも知れない脱サラ社長のスロットブログ」
    管理人の宮田銀次と申します。

    相互リンクのお願いでメールさせていただきました。

    当ブログにはリンクとRSSを勝手ながら貼らせて頂いております。

    よろしければ相互リンクをお願いします。

    サイト名:日本一暇かも知れない脱サラ社長のスロットブログ
    URL:http://miyata-ginji.com/

    • だくお

      >>宮田銀次さん

      はじめまして!
      だくおです。

      この度は相互リンク依頼いただきありがとうございます。

      当サイトにも相互リンク設置させていただきました。
      お時間あるときにご確認ください。

      それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

      • わからないので教えて下さい

        • だくお

          何をでしょうか?

  • そーだ

    自分は見た事無いですけど、
    詐欺的な攻略法を売っているようなサイトかなんかあったとして、
    そこでも、さわりの部分はこんな感じで書かれてると思うんです。
    勝つ根拠、原理ってものを理解していないと、どれが本当の情報か自分で判断できず、だくおさんの言ってる事も罠だと思ってみたり、嘘の攻略法を信じて購入してみたり、
    実感しないとなかなか難しいですよね。
    自分自身、身近に勝ってる人(友人)がいて、それを信じてやってみた結果、偶然最初に上ブレを味わえて「スロットは勝てる!」っていう実感を持てたからこそ今もこうして続けていけてるのかな?と思います。

    • だくお

      >>そーださん

      コメントありがとうございます^^

      あくまで順番の問題であって、根拠や原理を知ることも勿論大事ですね。
      でも先に方法論から入ってしまうと、最初に下振れした人は「やっぱスロット勝てないな」ってなりますし、そういう方も何人か見てきました。

      なので事実として勝ち続けている人がいることを知るのが大事。
      (勝ち続けている人がいることぐらいは、ちょっとググれば分かりますよね?)

      方法論が詐欺だったり、犯罪的な儲け方しかできない場合は、やらなければいい話です。
      もし仮に詐欺的なのがあったとして、それに引っ掛かるかは情報リテラシーの問題であって、この記事で書いてる内容とはまた別問題だと思います。

  • こん

    いつも見させてもらってます。
    自分もこの意見は全く非の打ち所がない正しい考え方だと思いますね。
    ヒキ弱なんてのは特に短期間で見るより長い目で見たらなんら問題のないこと。
    ただ今の世の中長い目で見られない人がたくさんいるのかもしれませんねー。
    勝てないことをいろいろ言い訳する人は勝つための努力をしないのとパチンコ屋に入ったら必ず打ちたいっていう(打ちたい病←自分はそう呼んでます)誘惑に負ける人ですね。
    店内で見てると勝てる人と勝てない人ってのはその人の視線を見てると大体見当つきますね~

    • だくお

      >>こんさん

      ありがとうございます。
      こういう記事書くと、賛成・反対意見色々コメントもらえて嬉しいですね。

      ちなみにパチンコ屋に入ったら必ず打ちたいって言う人を否定するつもりはまったくありません。
      むしろ飲食店に入ったら何か注文するみたいな感じで、パチ屋入ったら何か打つのが一般的かと思います。

      ただ負けて虚無感を感じたり、周りに当たったり、依存してしまうのは違うと思うので、打つ目的を明確にするのは大事ですね。

  • 匿名

    誰でも勝てるというのはいいすぎではないですか?
    勝てるというのが1円でもプラスという意味ならわかります。
    それなら誰でも可能だと思います。
    しかし、時給2000円レベルは、バカでは無理だと思います。
    事実自分はバカなので、負けないけど勝てない感じです。
    毎日1日うろついて4・5台(1000円レベルの台)しか打てません。
    それは、努力が足りないだけと仰るのもわかります。
    ですが、バカはどう努力すればいいのかもわからないんです。
    自分の場合は、とにかく打てる台がなければ店を次々移動するという足を使う努力はします。
    しかしモード狙いや宵越しなどとなると、多少のセンスが必要になってくると思います。
    故に誰でも勝てるというのは言い過ぎではないかと思うのですがどうでしょうか?

    つまらない質問ですが回答いただけるとうれしいです。

    • だくお

      正しくは、
      「誰でも努力すれば勝てる。ただしごく一部の地域は除く」
      って感じでしょうか。

      「誰でも勝てる」は少し語弊を生む表現だったかもしれません。
      でも勝つのに特別な能力や才能が必要ないという考えに変わりはありません。

      質問者さんの場合、足を使う努力をされているようですが、ただ店舗を回ればいいというわけではありません。
      「毎日1日うろついて4・5台(1000円レベルの台)しか打てない」ような店は、あまりに効率が悪すぎるので、もっと行動範囲を広げて店舗を探した方が良いです。

      まずは努力の量を増やすことから始められてはいかがでしょうか。

  • キノヒデ

    なおやさんとこでも見たなあ(・∀・)スロットは勝てるんだって記事(;∀)

    結局知識量 知識の生かし方 勝てる物と知っている(・∀・)が大事ですよね

    私にスロット教えた友人 友人の弟が負けまくってますね〜(・∀・)美味しい情報は早めに教えてるのですがいかせてませんね 友人の弟君なんて月の使えるお金ほぼ負けてます

    よく引きが強いなあと言われますが、もし引きだけで勝ってるとして、数年に渡って負け続けてるならやめた方がいいと思うけどなあと思いますね(・∀・)

    • だくお

      >>キノヒデさん

      『もし仮にまったくの知識ゼロの初心者にスロットの勝ち方を教えるとしたら、最初に何を教えるべきか?』
      熟考して出てきた答えがこの記事でした。

      負けるのが悪いことじゃないですが、勝ちたいのに勝とうとしない(自分にはできないと決めつける・言い訳する)のは良くないですよね。
      スロットでも仕事でも全部同じだと思います^^

      • キノヒデ

        自分なりのやり方 できない言い訳が確立されて かつしっかり負けてる中級者の方が初心者より質が悪いのも(・∀・)他の色んな事と同じように言えますよね

        負けまくってる友達が(;゚ Д゚)私をスロットという悪の道に誘ってきたこの道の先輩ですから 色々教えてもなかなか

        勝てるように立ち回るのが楽しいと感じれるようになれば収支も向上すると思うんですけどね〜(・∀・)難しいのかなあ

        • だくお

          >>キノヒデさん

          楽しいと感じられるかどうかは重要ですよね。
          逆に負けながら楽しそうに打ってる人を見ると、たまに羨ましくなったりもしますね^^

          • キノヒデ

            勝ちながら楽しく打ってる私は?(σ・ω・)

          • だくお

            >>キノヒデさん

            ある意味最高の勝ち組だと思いますよ^^

          • キノヒデ

            まあ(・∀・)かっちりしてる人には勝てませんけどね(笑)

            現状設定狙いってライバル皆無状態なんで(・∀・)色んな示唆 確定を覚えておくと より立ち回りの幅広がりますよね

            人に今後設定狙いしたほうがいいですかと質問しちゃうレベルやと厳しいですが(・∀・)

          • だくお

            >>キノヒデさん

            設定狙いはライバルいないのが一番ですよね~。
            昔、設定狙いで通ってた店で、唯一朝から打つ気になれなかった日が月一の強イベでした(笑)

  • こじゅ

    前にも読ませて頂いた記事ですが、
    最近僕自身がスロ専業で走り出したこともあり、いま読んで余計に身に染みます。
    スロで勝つために知識も必要ですが、同時にメンタルの部分や心構えもかなり重要だと捉えるようになりました。

    • だくお

      >>こじゅさん

      こんな昔の記事のことを覚えていただけていたとは光栄です^^
      マインドセット、超重要ですね。

コメントを残す