当ブログのおすすめコンテンツ

バジリスク絆 朝一のAT間天井振り分け&モード移行率

バジリスク絆 駿府城ステージ

バジリスク絆 朝一設定変更後のAT間天井振り分け・モード移行率解析です。

設定変更後限定ですが、ついにAT間天井の規定BC回数振り分けが明らかに!

やはり天井ストッパーは存在していましたねー

それではご覧ください。

設定変更後のAT間天井振り分け

1回  8%
3回  1.5%
5回  1.5%
7回  1.5%
9回  22.5%
10回  60.5%
11回  4.5%

設定変更後のモード移行率

モードAへ  41.5%
モードBへ  25.5%
モードCへ  25%
モードDへ  7%
モードEへ  1%

設定変更後の状態移行率

設定変更後の29.4%で高確以上に移行

【高確移行時のゲーム数振り分け】
高確15G  62.4%
高確35G  20.8%
高確55G  5.2%
高確無限  0.5%
超高確15G 9.4%
超高確35G 1.0%
超高確55G 0.5%
超高確無限 0.1%

高確確定・示唆演出一覧

●BC規定回数はほぼ9回以上を選択!

なかなか極端な振り分けになってましたねー

1回目が8%とそれなりに振り分けがあるものの、9割近くは9回目以降が選択されます。

特に強力なのが9回目・10回目で完全な天井ストッパーになってますね。

11回目は4.5%しかなく、仮に選択されてもそれまでに自力で当選してしまうことがほとんどなので、実質天井到達率はかなり低いと思います。

気になるのが7回目が1.5%と非常に薄いこと。

以前集計したBC5660件の実践値では、7回目のBCからのAT当選率が非常に高かったんですよね。

サンプル数もかなり集めたので、BC規定回数7回の振り分けはそこそこあると見ているのですが…

設定変更後は通常時よりも深いBC規定回数が選択されやすいのかもしれません。

狙うとしたらBC1回目のみ。

AT間天井狙いは通常時よりも少し遅めから狙うようにした方が無難かもしれません。

モード移行率の方も詳細が判明していましたが、AT当選確定となるモードD・モードEの選択率は合わせて8%。

この場合は実質AT間天井も1回と同じ意味になりますね。

ここで気になるのが、「AT間天井振り分け」「モード移行率」がそれぞれ独立して抽選されているかどうかですね…

  • モードD・モードEの8%はAT間天井振り分け1回のことを指すのか
  • それぞれ独立抽選で、BC1回目から実質15.36%(※)でAT当選に期待できるのか

※計算式は1-(0.92×0.92)

このどちらであるかによって、まったく狙い方が変わってしまいます。

そしてこの解析値だけでははっきりしたことが分からないんですよね^^;

後者側のそれぞれ独立抽選なら、BC1回目は結構アツいことになりそうなんですが…

もし何か情報をお持ちの方がいましたら、コメントいただけるとありがたいです^^

●高確移行抽選も実施!

バジリスク絆の高確はBC当選率に影響し、設定変更後は29.4%で高確以上へ移行します。

移行時は規定ゲーム数で管理され、最低でも15Gは高確保証。
35Gまではそこそこ期待できる数値です。

次回BCまで継続する無限高確率もありますが、振り分けはわずかですね。

高確確定・示唆演出が多数判明しているため、これらを駆使して朝一高確が見抜ければ設定変更判別も出来そうです。

設定狙いする場合は、朝一の挙動は要チェックです!

設定狙いでなくても、高確以上はBC当選率が飛躍的に上がるので、なるべく回した方が良いです。

設定変更後だとAT間天井1回やモードD・モードEにも期待できるので、高確判別は少し緩めにみてもいいと思いますね。

高確確定・示唆演出一覧

バジリスク絆 記事一覧

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

コメントを残す