当ブログのおすすめコンテンツ

ハナハナの本当の機械割を計算してみた【低設定は公称値よりも甘め?】

ハナハナシリーズ

ジャグラーと並ぶAタイプの代表格。
ハナハナシリーズの本当の機械割についてです。

公称値では四捨五入された簡易版?の
機械割しか出ていませんが、
小役確率シミュレート値などを元に
実際の正しい機械割を独自計算してみました。

それではご覧ください。

			
スポンサードリンク

ニューキングハナハナのスペック(公称値)

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/303 1/504 1/189 96%
2 1/293 1/474 1/181 98%
3 1/281 1/439 1/171 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/256 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%

現状で一番導入台数が多いと思われる
ニューキングハナハナを例に挙げます。

一般に出回っている機械割は96~112%。

ボーナス確率も含め、
ハナハナシリーズはなぜか
四捨五入された数値しかいつも公表されません。

では、この公称値を一旦置いといて、
小役確率から機械割を計算するとどうなるか?

ニューキングハナハナの本当の機械割

設定 機械割
(公称値)
機械割
(独自算出)
コイン持ち
1 96% 97.41% 36.38G
2 98% 99.52% 36.81G
3 101% 101.85% 37.01G
4 104% 104.10% 36.89G
5 107% 107.15% 37.35G
6 112% 112.05% 37.56G

【算出条件】
・小役取りこぼしなし
・ボーナスは成立ゲームですべて揃える
・小役確率は以下実践値を使用

設定 ベル リプレイ スイカ チェリー
1 1/7.48 1/7.28 1/160 1/49
2 1/7.37
3 1/7.32
4 1/7.35
5 1/7.24
6 1/7.19

小役確率は各設定10万Gの実践値を使用しているので、
多少のずれは発生します。

低設定は公称値より1.4~1.5%ほど甘め。
実際は公称値ほど辛くなく、
いたって普通の機械割となりました。

ただしスイカ・チェリーを一切取りこぼさないのが条件。

特にスイカ(10枚)の影響は大きく、
5回に1回こぼすと機械割が約0.4%下がります。

高設定域は概ね公称値通りの結果。

設定5は取りこぼし一切なしでも
アイムの設定6より少し優秀な程度なので、
できれば設定6を狙いたい機種ですね。

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

コメントを残す