当ブログのおすすめコンテンツ

【天井・ゾーン狙い】規定ゲーム数管理タイプのメリット

【天井・ゾーン狙い】規定ゲーム数管理タイプのメリット

現在のART・AT機はご存じの通り、大きく分けて「ボーナス+ARTタイプ 」「規定ゲーム数管理タイプ」の2タイプに分類できます。

人によってどちらのゲーム性か、好みが分かれるところかとは思いますが、
最近は完全に規定ゲーム数(あべし数)管理タイプが主流ですね。

そこで今回と次回の記事で、天井狙い・ゾーン狙いにおいての、
規定ゲーム数管理タイプのメリット・デメリットを自分なりに考えてみたいと思います!

今回はメリットについてです。

  1. 比較的浅いゲーム数からでも期待値を稼げる機種が多い
  2. 天井狙いだけではなく、ゾーン狙いも可能
  3. 設定変更後も狙える
  4. 高モード狙いで期待値大幅アップ
  5. 設定の恩恵を受けやすい

 

機種にもよりますがおおまかにはこんな感じですかね~
ではそれぞれの項目について細かく見ていきます。

 

1. 比較的浅いゲーム数からでも期待値を稼げる機種が多い

【該当機種】モンキーターン・ドラゴンギャル修羅の野望など他多数

期待値1000円程度なら、比較的浅いゲーム数からでも狙える機種が多いです!

ただし次回記事のデメリットのところでも取り上げますが、
「時間効率の悪さ」が結果的に期待値を引き上げているという側面もあります。

同じ期待値でも時間効率が悪いと、当然時給は低くなりますが、
それでも単純に打てる台が多いというのは大きなメリットかと思います!

 

2. 天井狙いだけではなく、ゾーン狙いも可能

【該当機種】押忍!番長2、麻雀物語2、新鬼武者再臨など他多数

特に最近の規定ゲーム数管理タイプの多くには、振り分けの濃いゾーンがあるため、
そこをピンポイントで狙っていくゾーン狙いが可能です。

立ち回りの幅が広がる意味でも、非常に大きなメリットかと思います!

特に宵越しのゾーン狙いは、ライバルが比較的少なく、
非常に有効な立ち回りなのでおすすめです(^^)

ただし機種ごと、モードごとに異なる狙い目を正確に把握する必要があったり、
辞め時(前兆有無など)の見極め精度によって、期待値が異なってくるなど、
効率よく立ち回るためには、それなりの知識が必要になってきますね。

 

3. 設定変更後も狙える

【該当機種】バイオハザード5、鬼浜爆走紅蓮隊3、宇宙戦艦ヤマト~テレサ、愛の導き~など

数はどれほど多くないですが、設定変更後が優遇されている機種があります。

設定変更後がおいしい台は、店側も基本的にはあまり設定変更をしたがらないので、
出来れば前日ART中閉店の台など、確実に設定変更されている台を狙っていきたいですね!

 

4. 高モード狙いで期待値大幅アップ

【該当機種】アントニオ猪木伝説、鬼浜爆走紅蓮隊3、新鬼武者再臨など

モードによってART後に天国モードに移行しやすかったり、
最大天井が他のモードよりも低かったりします。

要は同じハマリゲーム数でも、滞在モードによって期待値が全然違う
場合があるということです。

現在の滞在モードを、前回の当選ゲーム数や、モード示唆演出などから
見極めることで大幅な期待値の上昇が可能です!

また高モード狙いの効果が高い機種は、比較的浅いゲーム数からでも期待値を稼ぎやすく、そういった機種はライバルが少なめなことが多いので、非常におすすめです(^^)

 

5. 設定の恩恵を受けやすい

【該当機種】全般。特に時間効率の悪い機種や新台など

皆さんは天井狙いで設定のことを考えたりしますでしょうか?

これはどういうことかというと、天井狙い・ゾーン狙いは設定1の場合を
想定して立ち回るのが基本ですが、さすがに店に置いてある台が
すべて設定1というわけではありません。

もしたまたま座った台が設定1以外だった場合、
ART+ボーナスタイプよりも、規定ゲーム数管理タイプの方が、
設定の恩恵を受けやすいと私は思っています。

考えられる理由としては、以下のような感じです。

  • 時間効率が悪い分、回すゲーム数が多い
  • もともと天井最深部に恩恵がない機種が多いため、
    単純に早く当たりやすい分、設定が高い方が有利
  • ゾーン狙い等浅いゲーム数からでも打つ機会が多いので、
    設定1以外の場合も多くなると思われる

ART+ボーナスタイプの最深部に恩恵のある機種は、
天井までハマってからが勝負!なところがありますが、
設定が上がるにつれて、天井到達率は下がりますし、
そもそも天井狙い出来る機会も少なくなります。

ハイエナ稼働で設定1以外を考慮するのはタブーと思われるかもしれませんが、
現実的には設定1以外も存在している以上、
頭の片隅に置いておいて損はないと思います。

特に新台や人気機種の場合などは、設定1以外の割合も増えるので、
若干浅めから狙っていくのもありかと個人的には思ってたりします。

決して新台をちょっと打ってみたいから・・・
というわけではありませんのであしからずw

 

ではメリットについては以上になります。

思ったよりも長くなってしまいました(^_^;)

次回はデメリットについて書きます!

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行
スポンサードリンク

コメントを残す