当ブログのおすすめコンテンツ

バジリスク3 天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき解析

バジリスク3 スロット新台
©ユニバーサル

スロット バジリスク3 天井期待値・ゾーン・やめどき解析です。

基本スペック・ゲーム性から、立ち回りについてまとめています。

  • 天井はART間で恩恵あり
  • 天井ARTの期待枚数は通常ARTの●●倍
  • やめどきはRT状態と即前兆に注意

天井恩恵・天井期待値

天井ゲーム数 ART間1200G+前兆
天井恩恵 ART+CZ確定(※)

※内部的にCZに成功すれば初当りART×2でARTスタート

天井期待値自己算出値

バジリスク3 天井期待値1214

※ART終了後即やめ
※天井発動ゲーム数は1240Gで固定
※リンク付き転載・引用可

細かい算出条件は以下にまとめているので、
気になる方はご覧ください。


天井はART間1200Gで前兆。

ボーナスではリセットされず、現在のハマりゲーム数は液晶メニュー画面から確認可能です。

天井到達から前兆経由でCZに突入し、失敗してもART初当たりは確定。

さらに天井からのCZに成功した場合はART初当たり×2でARTスタートします。

一番期待度の低いCZでも成功率42%(公称値)なので、それなりに強力な天井恩恵。

実践値での天井ART平均連チャン数はプレミア含む通常ARTの約1.32倍となっています。

検証記事:バジリスク3 連チャン数分布実践値

狙い目

天井の狙い目は700G~

ぶん回しで時給2500円ほど。天井恩恵のおかげでそこそこ狙いやすそうです。

ART後の即前兆→CZ当選は考慮していないので、実際はもう少しだけ期待値が上がりそうです。

やめどき

ART後伊賀鍔隠れステージ……次回CZ当選まで
液晶リールに銀タカ玉出現……周期到達まで
上記以外……RT転落+前兆なし確認でやめ

ART後伊賀スタートの意味

ART後ステージが伊賀鍔隠れは周期モード1確定。

CZ当選までモード転落はないので、リセット狙いと同じように初回CZまで打つのもありです。

即前兆は要チェック

ART終了後に即前兆からCZに突入する場合があります。

ART終了後に周期モード3に移行するパターンですね。

ART後に即前兆が発生した時点でCZ濃厚なので、無駄に回させられる心配はありません。

RT状態は打ちきるべき

ART終了後に通常画面に戻っても内部的にはRT状態が継続しています。

RT転落契機は「ベルこぼし目」「上段リプレイ」の2つ。

●ベルこぼし目
バジリスク3 ベルこぼし目

RT中の純増自体はたいしたことありませんが、RT中に強チェリーやボーナスを引ける場合もあるので、やはり捨てるのは勿体ないです。

細かいところですが意外と見逃しがちなので、書いておきました。

タカ玉による残り周期ゲーム数示唆

バジリスク3 タカ玉

液晶リール上のタカ玉の色と数で、残り周期ゲーム数を示唆しています。

銀玉出現時は残り周期32G以内が確定するので即ヤメ厳禁。

なおレア小役による周期短縮当選時にはタカ玉演出は発生しません。

タカ玉 示唆内容
白×2 周期到達まで残り64G以下
銀×1 周期到達まで残り32G以下
銀×2 周期到達まで残り16G以下
銀×3 周期到達確定
残り周期 白×1 白×2 銀×1 銀×2
1~16G 8% 13% 51% 19%
17~32G 23% 34% 36%
33~64G 48% 23%
65~128G 23%
129~255G 6%
残り周期 タカ玉演出発生率
1~16G 1/15.1
17~32G 1/33.3
33G以上 1/137.4

ボーナス後のやめどきについて

バジ3はART間天井なので天井狙いと直接関係ありませんが、ボーナスでART非当選後は高確確定。

さらにボーナス終了画面「朧」は高確中の周期到達確定=CZ当選確定です。

またボーナス後甲賀弾正屋敷ステージ”以外”からスタートした場合は、CZ前兆中が確定します。

これらはすべてCZ当選まで必ず粘るようにしましょう。

通常ステージ

ステージ 示唆内容
甲賀卍谷
伊賀鍔隠れ
甲賀弾正屋敷 高確示唆
謀略の道 前兆示唆
(期待度低)
卍谷月下 前兆示唆
(期待度高)

朝一リセット

項目 設定変更 電源OFF→ON
天井ゲーム数 リセット 引き継ぐ
周期モード 再抽選
(モード1確定)
引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ステージ 甲賀卍谷
ガックン判別 不可

設定変更時は天井・周期ゲーム数ともにリセットされるため宵越し狙いは不可です。

高確移行抽選が行われている点と、周期モード1が確定するのが恩恵。

初回CZ当選までなら期待値プラスです。

リセット狙いの実戦データや、リセット判別方法については以下記事に詳しくまとめています。

バジリスク3 朝一リセット後の挙動・恩恵・実践値

設定判別

設定判別については別記事にまとめています。

無料で使える設定判別ツールも公開中!

バジリスク3 設定判別ツール・設定差解析まとめ

ゾーン振り分け実践値

※実践値考察は新台導入時に書いたものです

バジリスク3 ゾーン振り分け実践値

バジリスク3 ゾーン振り分け実践値詳細版

※ART間・ART初当たりのみ集計
※22G以内の当選データは除外
※31Gジャストの当選データは除外(鬼哭啾々突入時)
※リンク付き転載・引用可

引き戻しに注目!

ART終了後は即前兆からCZに突入する場合あり。

32~50G付近の当選率が上がっているのはおそらくその影響かと思われます。

CZのART期待度は最低でも約42%なので、CZ引き戻し率は弱めに見積もって全体で10%以上はありそうです。

ゾーンはなし?

周期システムの台は実践値ではっきりした検証は難しいのですが、特に目立って当選率の高いゾーンはありませんでした。

実際の天井発動ゲーム数

天井は1200G+前兆+CZ消化G数ですが、当選率が大きく上昇するのは1230G付近から。

1200G以降の平均当選ゲーム数は1245Gでした。

実践値はART準備中も含むので、実際の天井発動は平均1240G前後になると考えてよさそうです。

スペック・ゲーム性

初当たり確率・機械割

設定 ボーナス
(黄or青BAR)
ART 機械割
1 1/1024.0 1/376.8 98.5%
2 1/993.8 1/363.0 99.8%
3 1/963.8 1/356.9 102.0%
4 1/936.2 1/312.1 104.0%
5 1/910.2 1/316.2 107.1%
6 1/840.2 1/256.2 110.1%

基本情報・ゲーム性

基本情報
導入日 2016年11月28日
メーカー ユニバーサル
仕様 A+ART
純増 1.7枚/G
(ボーナス込で2.0枚)
コイン持ち 約37.6G/50枚
ゲーム性
バジリスクチャンス
(黄BARor青BAR揃い)
獲得枚数約200枚
ART期待度約35%
プレミアムバジリスクチャンス
(白BAR揃い)
獲得枚数約200枚
高モードART確定
ART「バジリスクタイム」 ストック+自力継続型
CZ「争忍チャレンジ」 甲賀卍谷攻防戦 17G継続
ART期待度約40%
リプレイ・レア小役でチャンス
人別帖ミッション 15G継続
ART期待度約75%
ベル・レア小役でチャンス
駿府城 15G継続
突入時点でART確定
条件達成期待度約69%
条件達成で高モード+初回継続確定

タイプ

約200枚のボーナス「バジリスクチャンス」と純増1.7枚のART「バジリスクタイム」で出玉を増やします。

ボーナス確率は1/993~1/819と重く、ARTメインのゲーム性となっています。

通常時

バジリスク3 周期到達

ART突入のメインルートとなる自力CZ「争忍チャレンジ」は周期到達時に抽選。

通常時のレア小役では周期短縮抽選が行われます。

1周期のゲーム数は1~256Gで3段階ある周期モードに応じて振り分けが変化(最上位のモード3は移行した時点でCZ確定)

周期到達まではCZ前兆を含めて平均100Gです。

周期が近づくと液晶リール上にタカ玉(白・銀)が出現しやすくなり、銀の3つ揃い周期到達が確定します

また通常時の内部状態は低確・高確の2つで、高確中の周期到達はCZが確定します。

ART中

バジリスク3 バジリスクタイム

ART「バジリスクタイム」へは主にCZ経由で突入。

基本的な流れは旧バジリスクと同じで、
前半パート「追想の刻
後半パート「争忍の刻
で1セット平均約35G継続。

今作は継続率一発抽選ではなく完全自力+ストックタイプに変更され、毎ゲーム成立役に応じて攻防が行われます。

バトル中に獲得した無想ポイントで報酬が変化。

  • 7…ストック獲得
  • 金7…ループストック獲得
  • 瞳術チャンス
  • 真瞳術チャンス

基本的に圧勝すれば高報酬に期待。(他メーカーですが)ガルパンのAT中に近い感じですね。

バジリスク3 解析・考察記事一覧

おすすめコンテンツ

▼機種名で探す
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

6件のコメント

  • 良かったぁ、危うくユニバに憎しみのみを抱くとこでした
    まだ少しはハイエナ要素があるようで

    でも稼働が一体いつまで保つんでしょうね?

    • だくお

      >>ハセッチさん

      稼働は既にやばいみたいですね(笑)

  • フジタ

    私はYOUTUBEなんかで皆が言うようにつまらないとは思いません。
    赤い演出で外れる事が多いのは当初は戸惑いましたが、今は鉄板でないと
    解っているので期待度が少し高まる程度です。
    なんにせよ音楽が良いし、ギャンブル性よりゲーム性が高い機種だと思います。

    • だくお

      >>フジタさん

      僕もバジリスク3は結構好きですよ^^

  • おんぷ

    演出が好きで打ちたくなる機種。

    • だくお

      >>おんぷさん

      僕もバジ3結構好きです!

19件のトラックバック

コメントを残す