当ブログのおすすめコンテンツ

超ガンツ 天井恩恵・狙い目・やめどき・朝一リセット・フリーズ・スペック解析

超ガンツ スロット
©スパイキー×七匠

パチスロ超GANTZ 天井恩恵・狙い目・やめどき解析です。

パチンコで人気だった超GANTZがパチスロでも登場!

通常時はCZ突入率・期待度に影響する2つのメーターを搭載しています。

また解析では「ゲーム数」「スルー回数」2種類の天井を搭載していることになっていますが、実践値でまったく狙えないことが判明!?

スペック

初当たり確率・機械割

設定 CZ合算 ART 機械割
1 1/99.9 1/479 97.9%
2 1/432 98.6%
3 1/448 100.3%
4 1/97.1 1/385 103.1%
5 1/404 105.5%
6 1/93.8 1/359 110.2%

基本情報

導入日 2018年3月5日
メーカー スパイキー×七匠
仕様 A+ART
コイン持ち 約40G
純増 ボーナス込で約2.0枚

差枚数管理型のART「サバイバルゲーム」メインで出玉を増やします。

CZ「転送モード」が内部的にはリアルボーナスなので、厳密にはA+ARTになります。

5.9号機なので規則上、ART関連は全設定共通のはずですが、なぜか超ガンツにはART初当たり確率にしっかり設定差が付いています。

天井

ゲーム数天井

天井条件 転送モード間500G
※転送モードorART当選でリセット
天井恩恵 チャンス目A成立でCZ確定

スルー回数天井

天井条件 転送モード5回スルー
※ART当選でリセット
天井恩恵 チャンス目A成立でCZ確定

※チャンス目A……中段リプ/中段リプ/上段転送図柄

天井は「転送モード間ゲーム数」「転送モードスルー回数」の2種類が存在し、いずれも条件を満たすとCZ天井状態へ移行。

CZ天井状態中に約1/128のチャンス目Aが成立すると必ずCZ「サバイバルゾーン」に突入します。

転送モード(内部的にリアルボーナス)は全設定共通1/150で出現するため、天井到達するケースもそれなりにありそうです。

獲得枚数が見れるデータ機であれば「27枚」または「24枚」の履歴が転送モード濃厚です。

また解析を見る限りでは、チャンス目AからCZに突入しても天井状態はリセットされないようです。

よってスルー回数の方は実質青天井ですがART当選まで天井状態が継続することになります。

【重要】実践値による天井考察

上述した通り解析上は天井が搭載されていることになっていますが、どの程度ART初当たり確率が上がるのか実践値で検証したところ驚愕の事実が判明しました。

結論から言うと、この台の天井は一切狙えません。

根拠は独自集計した以下実践値データ。

【3/14追記】
サバイバルゾーン中のART当選契機が転送モードメインであることが判明したため、「転送モードからART当選率」「トータルART初当たり確率」のデータも追加。個人的な見解についても追記しました。

転送モード非経由のART初当たり確率実践値
ART初当たり
(転送モード非経由のみ)
サンプル
全体 1/747.7 6556件
ゲーム数天井 1/868.5 164件
スルー天井 1/826.7 871件

※40G以内のART初当たりデータは除外
※リンク付き転載・引用可

【3/14追記】除外範囲を30G以内→40G以内に変更

転送モードからのART当選率実践値
ART当選率 サンプル
全体 18.55% 31075件
ゲーム数天井 15.69% 943件
スルー天井 18.66% 4647件

※転送モード後30G以内にARTに当選しているデータが対象
※リンク付き転載・引用可

トータルART初当たり確率実践値
トータルART初当たり サンプル
全体 1/397.9 12320件
ゲーム数天井 1/456.5 312件
スルー天井 1/414.3 1738件

※40G以内のART初当たりデータは除外
※リンク付き転載・引用可

ご覧の通り、ゲーム数天井到達中・スルー回数天井到達中いずれもART初当たりが優遇されている様子はまったく見られません。

転送モードによるART当選を加味しても結果は変わりませんでした。

むしろ低設定の比率が高まる分、実践値上の初当たり確率は重くなってしまっています。

そもそも5.9号機の規定では超GANTZのような天井機能は搭載できないはずです。

CZ中のART抽選解析も出た以上、CZ自体がガセということはさすがに考えにくいので、通常時のチャンス目後も(液晶でCZ告知されるかどうかに関わらず)毎回内部的にCZと同じ抽選を行っているのでは……?

厳密には天井CZがガセなのではなく、通常時のCZが隠れているだけというのが個人的な見解です。

いずれにせよ、天井状態中であっても一切狙う価値はないのでご注意ください。

狙い目

天井狙い

天井は演出上の見かけだけだと思われるため一切狙えません。(詳細は上述した実践値を参照)

たとえ天井状態中の台が落ちていたとしても、打たないようにしましょう。

メーター狙い

超ガンツ スロット メーター狙い

リール右の「サバイバルメーター」が3つ貯まればCZ「サバイバルゾーン」に突入。

液晶左下の「タマオメーター」はCZ「転送モード」(内部的にはボーナス)突入時の背景色に対応し、緑・赤などの上位色なら期待度アップ。

「サバイバルメーター2つ」「タマオメーター緑以上」など上位の組み合わせであれば狙えるかもしれませんが……。

天井CZと同じように、メーターMAXから突入するCZもただの演出(CZに突入しなくても有利区間中はCZ同等のART抽選が行われている?)である可能性が高く、個人的には気にするだけ無駄だと思います。

やめどき

内部状態を確認してやめ。

天井は狙えないため、ゲーム数・スルー回数は意識しなくて大丈夫です。メーターも無視で。

高確示唆演出

ステージ 示唆内容
超ガンツ 崩壊(夜)ステージ
崩壊(夜)ステージ
高確示唆
超ガンツ ガンツ部屋ステージ
ガンツ部屋ステージ
超高確 or 前兆示唆

朝一リセット

項目 設定変更 電源OFF→ON
(据え置き)
有利区間ランプ 消灯
(非有利区間へ)
引き継ぐ
内部状態 低確へ 引き継ぐ
メーター リセット 引き継ぐ
(見た目はゼロ)
ステージ 心斎橋ステージ
液晶出目 1・2・3

朝一のメーターは据え置きの場合前日分を引き継ぎますが、外から何ポイントかは分からないようになっています。

また朝一リセット後1回目のチャンス目Aからは全設定共通50%でCZ「サバイバルゾーン」に当選します。

リセット判別の参考になるほか、朝一1回目のチャンス目からのCZ当選率は設定判別要素から除外するようにしましょう。

設定判別

設定判別要素や無料ツールは以下記事にまとめています。

ART終了画面で高設定濃厚パターンもあり!

超ガンツ 設定判別ツール・終了画面・設定差

通常時・メーター・CZ

ART当選契機

ARTはCZ経由での突入がメイン。液晶数字が奇数揃いすればART直撃です。

ロングフリーズ発生時(超ガンツ図柄揃い)はART+特化ゾーン付。

内部状態

低確・高確・超高確の3種類ですが、何に影響するのかははっきりした情報は出ていません。

通常時のステージ

ステージ 示唆内容
心斎橋ステージ
漫画ステージ
妄想ステージ
超ガンツ 崩壊(夜)ステージ
崩壊(夜)ステージ
高確示唆
超ガンツ ガンツ部屋ステージ
ガンツ部屋ステージ
超高確 or 前兆示唆

サバイバルメーター

超ガンツ スロット サバイバルメーター

チャンス目でCZ非当選時にはリール右下のサバイバルメーターがアップ。

3つ貯まればCZ「サバイバルゾーン」に突入します。

タマオメーター

超ガンツ スロット タマオメーター

液晶左下にあるタマオメーターの色は転送モード(転送図柄揃いから突入するリアルボーナス)中の色に対応。

赤などの上位色なら期待度アップ!

CZ「サバイバルゾーン」

超ガンツ CZ「サバイバルゾーン」

継続G数 約5G+α
ART期待度 調査中

液晶上で「4・4・7」揃いから突入する自力CZ。

消化中は毎ゲーム成立役に応じてART抽選が行われます。

内部的にA~Cの3種類のモードが存在し、A<B<Cの順でART当選に期待できます。

サバイバルゾーン中の背景色でモード推測できますが、完全リンクではありません。

背景色振り分けと特徴
背景色 振り分け
72.5%
25.9%
1.5%

モードA……主に青背景、まれに緑背景
モードB……青背景・緑背景が半々
モードC……ほぼ赤背景

小役別ART当選率
小役 モードA モードB モードC
共通ベル 7.4% 29.3%
弱チェリー 0.8% 30.9% 100.0%
強チェリー 50.0% 50.0% 100.0%
チャンス目A 0.8% 39.1% 75.0%
チャンス目B 75.0% 75.0% 100.0%
転送揃い 100.0% 100.0% 100.0%
超GANTZ揃い 100.0% 100.0% 100.0%

CZ「転送モード」

超ガンツ スロット CZ「転送モード」

終了条件 8枚役を6回揃えるまで
ART期待度 15.6%(設定1)~26.3%(設定6)

転送図柄揃いから突入するCZで内部的にはリアルボーナス。出現率は全設定共通1/150です。

消化中は成立役に応じて液晶色の昇格抽選を行います。

キャラ(ステージの色) 期待度
かぜ(白)
きしもと(青)
れいか(黄)
にし(緑)
かとう(赤)
くろの(赤) 激アツ
上位ステージ 期待度・恩恵
GANTZ ZONE 50%以上
ぬらりひょんZONE 勝利で超ガンツRUSH

ART

ART「サバイバルゲーム」

超ガンツ スロット ART「サバイバルゲーム」

純増 約2.0枚/G
継続G数 不定

継続ゲーム数不定・差枚数管理タイプのARTで初期枚数は特化ゾーンで決定。

消化中は差枚数直乗せの他、各CZ成功で特化ゾーンにも突入します。

レア小役後2G間は差枚数の減算がストップする嬉しい仕様も搭載。

採点

CZ成功時の採点結果で特化ゾーンの種類を決定します。

約30%で100点を獲得できれば「超ガンツラッシュ」に突入!

ガンツラッシュ

超ガンツ スロット ガンツラッシュ

採点結果が30〜70点だった場合に突入する特化ゾーンで、10の位の数字が継続ゲーム数に対応。ただしレア小役成立時は残りゲーム数が減算されません。

消化中に転送図柄が揃えば上位特化ゾーン「超ガンツラッシュ」に昇格!

超ガンツラッシュ

超ガンツ スロット 超ガンツラッシュ

採点結果が100点だった場合に突入する上位特化ゾーン。毎ゲーム40枚以上上乗せ+最低5Gの継続保証あり。

終了後はエクストララッシュに突入し、95〜98%継続で毎ゲーム5~100枚の上乗せ。

トータルの平均上乗せは400枚以上になります。

超エクストララッシュ

超ガンツ スロット 超エクストララッシュ

超ガンツラッシュ中の転送図柄揃いから突入。ベル6回入賞まで継続!

エンディング

超ガンツ スロット エンディング

有利区間完走をお知らせするための演出。

特に出玉面の恩恵はありませんが、通常と異なる終了画面が出現し、文字色がレインボーなら設定5以上確定!

ロングフリーズ

超ガンツ スロット ロングフリーズ

契機 超ガンツ図柄揃い
出現率 約1/7200
恩恵 ART+超ガンツラッシュ確定

おすすめコンテンツ

▼機種名で探す
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

19件のコメント

  • 匿名

    認識不足だったらすいません。
    質問なんですが、G数天井はCZに当選したらヤメですか?
    転送モードorART当選まで打てるのでは?

    • だくお

      チャンス目AからCZ「サバイバルZONE」当選だけではリセットされないはずです。
      おっしゃる通り、ゲーム数天井は転送モードorART当選まで打てますね。

  • 謎さん

    ARTに設定差があるのは5.9号機の検定ルール前に通したかそれか、6号機の検定ルールに合わせて5.9号機仕様にしたかのどっちかが考えられますね。

    • だくお

      >>謎さん

      今の時期は5.9号機の検定ルールに適合した台しか出せないはずなんですよね。

      • 匿名

        天井CZが嘘なら設定差は演出発生率の違いだけでART確率とか機械割も嘘の可能性が・・・

        • だくお

          何でもありなので、可能性はゼロではないと思います……。

  • 匿名

    なんで天井踏んだ後がこんな重いんですかね?
    素直に読めばチャン目を引けば100%でczがやれるエクストラ状態(通常時は30%とか?)だから軽くなるはずですけど
    チャン目Aがクソ重たいとかですかね

    • だくお

      僕も最初は半信半疑でしたが、「CZでART初当たり確率が変わっていない」以外の理由が考えられないんですよね。
      チャンス目(MB=ボーナス)確率が変わるのはもっと有り得ないです。

  • 匿名

    あ、だくおさんの予想も見ました。さすがにcz!(無抽選)はスロットが成立しない気がするんですが…

  • 通りすがり

    これ演出上はCZだけど、抽選は通常時ってことですよね?
    こんなことまでまかり通る時代になったんですね。

    • だくお

      おそらく天井がガセというよりかは、通常時のチャンス目後も毎回内部的にCZと同じ扱いなのかな?と思いました。
      CZ中のART抽選解析出ちゃいましたし、さすがにCZ中転送モードで100%ART当選と解析が出ているのにガセることは考えにくいので、通常時よりは優遇されているはずです。

  • 匿名

    試してみましたが確かにCZ100%で入るけど全く当たらないw
    たまたまかと思いましたがやっぱり変なんですね

  • 匿名

    こういう素晴らしい検証を雑誌やメーカーに問い合わせという形で持ち込んだらどうなるか試していただけませんかね?顛末を書けばそりゃもうアクセス爆増でしょう。自分もツレに宣伝します。

    • だくお

      メーカーは中身を理解した上でやっている確信犯。
      雑誌メディアは立場上メーカーに悪評が広まるような情報は基本的に書けないはずなので、今回のような検証はこれからも個人が発信する領域であり続けると思います。
      ハーデスの天井ループ率のガセ情報だってもはや誰もが気付いているのに、雑誌メディアでは一切数値の修正や言及はされないですしね。

  • 匿名

    もしだくおさんが居なかったら
    下振れと思って打ってたと打ってたと思います。
    まだまだ実戦値の需要はありそうですね。

    • だくお

      よかったです!
      実践値等の検証系はAT機が復活する6号機に期待ですね^^

  • 匿名

    456確を打ったんですがボナがかなり軽かったです。
    実は解析は全部ガセで普通の5.9と同じく設定差はボナのみの可能性ないですかね。
    なんか当たり方も強チェやチャン目とは重複せずに単独当たりのみな感じ(チェリーやチャン目と一致しない謎出目でリールフラッシュして次Gに狙え!という流れ)でした。絶対ありそうな強チェでのczも確認してません。

    • だくお

      この台ホール割がめちゃめちゃ辛いみたいなので、もしかしたら公表値ほど設定毎のスペック差はないのかもしれません^^;
      ボーナス(転送モード)は一応全設定共通1/150と解析は既に出ていますね~

  • 匿名

    天井について修正()が入りましたね。
    天井状態でチャンス目AでのCZ当選率は設定差があって下だと16%→33%だそうです。
    それでも割と当選率上がらないとおかしい気はしますけど。

3件のトラックバック

コメントを残す