当ブログのおすすめコンテンツ

北斗の拳修羅の国 天井期待値・狙い目・やめどき・ゾーン解析

北斗の拳 修羅の国篇 スロット新台
©サミー

スロット北斗の拳修羅の国篇
天井期待値・ゾーン・やめどき解析
です。

真・北斗カウンタなど今作から新たな要素も追加。

北斗の拳強敵より狙いやすくなった
天井期待値も独自算出しました。

それではご覧ください。

天井恩恵・天井期待値

天井ゲーム数 ART間1300Gで天井状態突入(※)
天井恩恵 ART確定

※天井状態突入後、非RT状態押し順リプレイ成立から最大33Gの前兆経由でART突入

天井期待値自己算出値

北斗の拳修羅の国篇 スロット新台 天井期待値1009更新・フリーズ確率最新情報加味

※ART終了後即ヤメ
※リンク付き転載・引用可

細かい算出条件は以下にまとめているので、
気になる方はご覧ください。


天井はART間1300G+α。
ボーナス(天舞の刻)ではリセットされません。

ハマりゲーム数は液晶左下で確認できます。

天井の発動条件が少し特殊な点に注意。

1300G以降、非RT状態中の
押し順リプレイ成立から前兆開始
です。

前兆は最大33Gですが、
必ず1333G以内に天井ARTが発動するわけではないです。

特に宵越し天井狙いでは、
1300Gが過ぎても前兆が始まらないから
設定変更されたと判断して
天井直前を捨てないよう注意です。

狙い目

等価 750G
5.6枚持ちメダル 770G
5.6枚現金 870G

大体時給2500円レベルですが、
ART後の高確フォローを加味すれば
もう少し上がる可能性が高そうです。

北斗の拳強敵に比べるとかなり狙いやすい方ですね。

やめどき

ART終了後、前兆・高確確認でやめ。

北斗シリーズなので高確はできる限り
フォローしたいところですが、
北斗の拳修羅のART後高確移行率は低め。

ART終了後モード移行率

設定 低確 通常 高確
1 56.25% 31.25% 12.50%
2 53.75% 31.25% 15.00%
3 42.50% 37.50% 20.00%
4 37.50% 37.50% 25.00%
5 25.00% 43.75% 31.25%
6 18.75% 43.75% 37.50%

数G様子見して演出が弱ければ
さっさとやめるのが吉。
粘りすぎには要注意です。

モード示唆演出は従来の北斗シリーズの
法則が大体通用するので、
やめる前の液晶演出は要チェックです。

下段ベル・リプレイ・リプレイはCB。
次ゲームは必ず13枚役が揃います。

CB成立時は最低1G回しましょう。

成立時はわずかにフラッシュするので
見落とすことはないと思います。

次項目で高確示唆演出をまとめているので、
やめどきの参考にしてください。

モード・高確示唆演出

通常ステージ画像と特徴

ステージ 特徴
北斗の拳修羅の国 カイゼルステージ
カイゼルステージ
高確示唆
北斗の拳修羅の国 カイオウステージ
カイオウステージ
前兆示唆

ステージ移行

  • 稲妻大発生:高確以上確定
  • リール始動時or第3ボタン停止時にシャチステージチェンジ演出発生:高確以上確定
  • 弱スイカの前兆でカイオウステージ移行:高確以上濃厚
    (強スイカなどの重ね引きは無効)
  • 北斗カウンタ非作動+カイゼルステージ移行:高確以上濃厚
    (チャンス目後8G間を除く)

動作演出のタイミング

  • 発生タイミングが遅いほど高確に期待
    (例:見渡す・振り向き・転ぶ etc.)

通行人演出

  • 第3停止+緑:高確中+強スイカ確定

大オーラ演出

  • 白:高確以上の期待度大
  • 青:高確以上確定

雑魚の断末魔

  • 赤文字:高確以上に期待
  • 赤文字「ヘブンorあべし」:高確以上確定
  • 北斗カウンタ非作動+レア役以外で赤文字:高確以上濃厚
    (チャンス目後8G間を除く)

払い出しランプ矛盾

  • チャンス目以外で白点滅:高確以上確定

真・北斗カウンタ

  • 北斗カウンタ炎上:高確以上確定
  • 北斗カウンタ非作動+レア役以外で第3停止にチャンスパターン発生:通常以上濃厚

弱スイカ+演出

  • 弱スイカの前兆でステージボスバトル発展:通常以上濃厚
    (強スイカなどの重ね引きは無効)

引用元:スロときどき妄想

朝一リセット

朝一の挙動まとめ

項目 リセット 電源OFF→ON
天井 リセット 引き継ぐ
RT状態 リセット 引き継ぐ
内部モード 再抽選 引き継ぐ
ステージ ハンorヒョウ

リセット後モード移行率

設定 低確 通常 高確
1 56.25% 31.25% 12.50%
2 53.75% 31.25% 15.00%
3 42.50% 37.50% 20.00%
4 37.50% 37.50% 25.00%
5 25.00% 43.75% 31.25%
6 18.75% 43.75% 37.50%

過去の北斗シリーズと同様、
リセット後はモード移行抽選行われます。

低設定ではほとんど高確に期待できませんが、
設定差が非常に大きいのが特徴です。

さらに詳しくはこちらから。
朝一リセット後の挙動・恩恵・実践値・モード移行考察

設定判別

設定判別については別記事にまとめています。

北斗の拳修羅の国篇 設定判別ツール&設定差まとめ

ゾーン振り分け実践値

北斗の拳修羅の国篇 ゾーン振り分け実践値再集計

北斗の拳修羅の国篇 ゾーン振り分け実践値詳細版再集計

※ART間・ART初当たりのみ対象
※リンク付き転載・引用可

スペック・ゲーム性

初当たり確率・機械割

設定 ART ボーナス 合算 機械割
1 1/436.1 1/963.8 1/299.7 97.9%
2 1/418.5 1/291.3 99.0%
3 1/383.2 1/273.7 101.2%
4 1/324.7 1/242.4 105.4%
5 1/290.2 1/222.5 110.1%
6 1/237.1 1/188.4 115.1%

基本情報・ゲーム性

基本情報
導入日 2016年10月3日
メーカー SAMMY
仕様 A+ART
純増 2.0枚/G
コイン持ち 約37G/50枚
ゲーム性
ART「闘神演舞」 1セット50Gのセット継続型
神拳勝舞で勝利すれば継続
天舞の刻 通常時のボーナス
獲得枚数約150枚
ART期待度約33%
闘神演舞ターボ 高確以上orART中のボーナス
獲得枚数約150枚
勝負魂の特化ゾーン

約150枚のリアルボーナスと
純増2.0枚のART「闘神演舞」で出玉を増やします。

通常時→北斗の拳強敵
ART中→北斗の拳転生の章
と従来の北斗シリーズの高評価だった
部分を組み合わせたようなゲーム性。

内部モードは「低確/通常/高確/前兆」の4つ。
通常時はレア小役でモードを上げていきます。

北斗カウンターの仕様が新しくなり、
点灯中に同一小役を引くとモードアップ確定、
カウンター炎上中は高確以上確定
です。

従来よりもレア小役を立て続けに
引くのがアツい仕様ですね。

北斗の拳修羅の国 解析・考察記事一覧

おすすめコンテンツ

機種名で記事を探す(更新順)
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら・わ行

2件のコメント

  • おっさん

    初当たりが1/430のブログもありますね。最近はこういう若干違うデータが多いですよね。

    • だくお

      誤差ですが、なぜか導入直前に出た数値はそれまでのと少しずれてますね…。

19件のトラックバック

コメントを残す